ハットコミュ
ハットコミュ

帽子のコーディネート - ハットコミュ

ハットコミュ > 帽子のコーディネート

帽子のコーディネート

全身コーディネートの質をアップしてくれるアイテムが「帽子」で、全体的に何か物足りないと感じる時にワンポイントになってくれます。
また、髪をセットする時間がない場合の手抜きアイテムとしても確約してくれるので、おしゃれ女子にとっては必須アイテムと言えるかも知れません。

でも、「帽子なんて似合わない」と思っている方も少なくないかも知れません。
確かに帽子のコーディネートは難しいイメージがあるので、そのように考えてしまうでしょうが、自分の顔や特徴を把握することでピッタリな帽子のコーディネートも可能です。

ポイントは「顔の形」と「帽子」とのバランスで、自分の顔の特徴を上手にカバーしてくれるもので、自分の個性を生かしてくれるものを選択すると良いでしょう。

もうひとつは「被り方」で、これは慣れていないと難しいので、まずは慣れることが大切です。
雑誌やネットで紹介されている写真を参考に、いろいろと試してみると良いでしょう。
きっとあなたに似合う「帽子」と出会えますし、コーディネートも上手に熟せるようになるでしょう。

傷つけない帽子の洗い方

日常において外出する際に帽子の役目と言うのはファッションの側面が大きいですが、それ以上に1年の中での役目としては頭部への怪我や紫外線の防止と春から夏であれば直接太陽の熱が当たることによる熱射病の予防と秋から冬にかけては頭部に直接冷たい空気を当てずに温めることで体温維持に役に立ちます。
そのため帽子は外出する際の必需品と呼べますが、その利用頻度が高いことによって火に用品の中で最も汚れる物と言えます。この汚れと言うのは外に出た際の砂やほこりに加えて、その頭部につけることによる蒸発した汗や皮脂汚れとそれを媒介して繁殖した菌によって臭いです。この帽子の汚れは洗えば落ちる物ですが、しかし正確な洗い方をしないと生地や備品を痛めてしまい劣化させてしまう場合があります。
この正確な洗い方として表記されている物で家で洗浄できないタイプはクリーニング店で洗ってもらうことがよいのですが、それ以外で家で洗浄できるタイプの場合には準備する物としてガムテープと皮脂汚れや汗を洗い流すために手が触れて暖かい温度のお湯と洗剤と材質によっては柔軟剤を利用します。まずガムテープで目に見えるほこりを吸着した後に汚れがひどくない場合には、その地点で除菌液を吹きかけて洗浄を終えます。
そして汚れが目に見えるほどひどい場合には用意した温かいお湯に浸した後に洗浄液をつけて手作業でブラシを使ってやさしく洗い流した後に、その毛が使われているタイプは柔軟剤を使い毛を滑らかに立たせます。その後に太陽に当てる生地を傷めるので、この乾燥には風通しの良い日陰で干すことで生地を傷めない洗い方の方法です。

Favorite

インテリアにおすすめのピクチャーレールのご提案です。

ピクチャーレール

ネズミ駆除して安全安心!名古屋市で駆除業者をお探しなら

ネズミ駆除 名古屋市

コンタクトレンズをお求めやすい価格でご提供いたします。

デイリーズトータルワンのレンズ

Last update:2017/7/21

top